ローランド電子ピアノ4機種9モデル新発売 アコースティックの豊かな響きを再現

電子楽器メーカーのローランド(静岡県浜松市)は、家庭向け電子ピアノ「LX-17」「LX-7」「HP605」「HP603」4機種9モデルを2015年9月下旬に発売する。価格はいずれもオープン。

世界初・MIDI対応Bluetooth機能搭載 スマホ/タブレットと連携

ピアノの基本性能である音、鍵盤、音響システム、デザインなどを全てゼロから設計。あらかじめ録音した音を再生する従来品と異なり、演奏と同時に各部を仮想的に合成して音を一から再構成。アコースティック・ピアノの弦や響板など各部が複雑に干渉し合うことで変化する、豊かな音の響きを再現したという。鍵盤は、木材と樹脂の「ハイブリッド構造」を採用し、木の風合いと樹脂による安定性や耐久性を実現した。

「LX-17」「LX-7」「HP605」は、電子ピアノでは世界初のMIDI対応Bluetooth機能を搭載。スマートフォン/タブレットなどの端末と無線接続し、音楽アプリや動画のサウンドや音楽データを内蔵スピーカーで再生できる。電子譜面アプリをタブレットなどで用いる際は、ペダルでの譜めくりや、タブレット内の楽曲を伴奏にして演奏を楽しめる。

引用 – BIGLOBEニュース

画像:©ローランド株式会社

最新の電子ピアノはBlouetoothでスマホ・タブレットと連動出来るんですね。

デジタルの良さも、アコースティックの良さもそれぞれありますが、ただアコースティックを真似するのではなく、電子ピアノだから出来る事を追求していくというのは住み分けとして大切なのかもしれませんね。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × four =