知らないと恥ずかしい!?ジャムセッションのド定番曲10選

聴いてるだけで勝手に体が揺れてしまうような、グルーヴ感たっぷりのジャムセッション。かっこいいですよね。

バンドをやっていると、ミュージシャンが集まった時に自然とジャムセッションが始まったりします。

大体そういう時ははじめ、FやEのブルース等、誰でも弾ける曲がチョイスされるんですが、

ジャムセッションの定番曲を知らないと、Eブルースにしか参加できなかったり、

「あれ・・この曲知らない・・どうしよ・・・」なんて事になって、

場がシラケてしまう事があったりなかったり・・。

ということでこの記事では最低でもこれは知っときたい!という

ジャムセッションでのド定番曲をいくつかご紹介したいと思います。

 

ハービー・ハンコック/Cantelope Island

ジャムセッションではド定番のこの曲。やっぱり本家は違いますね〜

 

ハービー・ハンコック/Chameleon

またまたハービー。この曲もかなり有名です。

 

アベレージ・ホワイト・バンド/Pick Up The Pieces Live

この曲も多いですね。

バラララ・パラララ・パラララーラッパラ♪ラーラッパラ♪

ってのが合わないと結構シラケます・・^^;

 

ビリー・コブハム/Red Baron

 

ダニー・ハサウェイ/Valdez In The Country

 

フレディ・ハバード/Mr. Clean

マーカス・ミラーがカバーしてましたのでそちらで。ちなみにキーボードはクリス・バワード。

 

グラント・グリーン/ Jan Jan

 

レタス/Squadlive

 

 

ロバータ・フラック/Feel Like Makin’ Love

 

デイブ・ウェックル/The Chiken

 

いかがでしたでしょうか?

まだまだ紹介したい曲は山ほどあるのですが、今回はここまでにしておきます(^^)

まずはこれらの定番曲を練習して、ぜひともジャムセッションに参加してみましょう!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =