ベン・フォールズ 共演ライブで指揮者が二人に!?ww

11月17日でベン・フォールズがコンサートを行ったそうですが、

テンションが上がりすぎて大変なことに!?

詳細は下記

まるで打楽器を演奏するようなパンキッシュで破天荒なピアノ・プレイと、類稀なるメロディ・センス×ソング・ライティングで、「次世代ピアノ・マン」「ポップ・マエストロ」などと評されるアメリカの人気シンガー・ソングライター、ベン・フォールズが11月17日、東京・渋谷オーチャードホールで、日本で自身初となるオーケストラ共演ライブを開催した。

いつもはTシャツにスニーカーというラフな服装がトレードマークのベンが、この夜は細身の黒スーツ、黒タイ、白シャツに黒い革靴で登場。90年代後半に日本で爆発的な人気を博した自身のバンド、ベン・フォールズ・ファイヴのヒット曲を中心とした選曲に加え、「昨年作曲した」という、ピアノ協奏曲(まさかの全3楽章)などを、約40人編成の東京スターオーケストラを従えて披露した。

ライブの後半には、自らが指揮者となって観客を3パートに分けてコーラスを完成させた。その際にはステージ上に指揮者がふたりいるという珍事態となり、客席を大いに沸かせた。

このオーケストラ・ライブは11月18日の東京・渋谷オーチャードホール、20日の大阪・サンケイホールブリーゼと、残すところ2公演となる。

引用 – Yahoo!ニュース

まさにエンターテイナーという感じ。

こういう楽しませ方もあるんですね!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − twelve =