264鍵で「運命」と「ラ・カンパネラ」を弾くとこうなる

ピアノの鍵盤は普通88鍵ですが、なんとその3倍の264鍵のピアノでベートーヴェンの「運命」、そしてリストの「ラ・カンパネラ」を弾いた動画がネットで話題になっています。

その動画がこちら↓

ベートーヴェン/運命(交響曲第5番)

 

フランツ・リスト/ラ・カンパネラ

 

いかがでしたでしょうか?

筆者はなんだか調律の狂ったピアノを聴いているようで具合が悪くなりましたが、

これがこの曲の本来の姿だったりするのかも?

 

いや、無いですね・・。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =